「昔々あるところにお顔にアザのある領主さまがおりました」

配信限定 「ゲオルグヴァルター」

ラッツェンベルガー家の人々1

配信限定 「ゲオルグヴァルター」

ラッツェンベルガー家の人々1

ゲオルグ(CV河村眞人)・ヴァルター(CV湯町駆)
ゲオルグ(CV河村眞人)
ヴァルター(CV湯町駆)


2021年5月 配信開始予定
価格:2,860 円(税込)


キャラクタープロフィール

ゲオルグ・ラッツェンベルガー
(CV:河村眞人)
32歳


この荘園(Grundherrschaft)を治めている領主。顔の半面に醜い痣がある。
「妻は彼の横暴に耐えかねて自ら命を絶った」という噂が立っている。
もとはラッツェンベルガー家の執事で、四年前、前領主の没後に婿入りした。

ヴァルター・ラッツェンベルガー
(CV:湯町駆)
18歳


ゲオルグの義理の息子。執事だった頃のゲオルグとは兄弟のように仲がよかったらしい。
ここ一年ほど人前に姿を現していない。


あらすじ

中世時代の中欧の国にあった話である。

ある巨大な荘園(Grundherrschaft)では領主ゲオルグの悪い噂が流れていた。
「雇っていた娘を犯して殺したらしいぞ」
「奥さまを監禁していたって。それで耐えきれなくて奥さまはご自分を……」
「館から悲鳴が聞こえることがある。誰をいたぶっているんだろう」
噂を信じる者と信じない者がいるのはいつの世も同じで、これもその例に漏れなかった。

あなたは荘園内の貧しい農家の娘で、たった今、領主の息子ヴァルターの世話を依頼された。
だが、それを伝えに来た使用人の男は噂が事実かどうかは語らず、ひとつ気がかりなことを言った。

『ヴァルターの世話をした娘はかつて何人かいたが、その全てが今は行方知らずだ』と。

噂を信じていなかったあなたはそれを聞いて迷いだした。
示された賃金が破格なので両親を喜ばせたかったのだ。この申し出を受けるか否か―
「領主様にお会いしてから決めよう」
あなたは使用人の男に同行することにした。

※Grundherrschaft…公的支配を受けない(あるいは公的支配を極力制限した)一定規模以上の私的所有・経営の土地のこと。


トラックリスト

1.残忍な噂
2.館の犬
3.湖のほとり
4.満月の夜
5.手紙
6.真相
7.束の間の安らぎ
8.ヴァルターの決意
9.雷鳴
10.卑怯な勇者
11.天使昇天
12.新しい家

トラック1冒頭のシーン(抜粋)
トラック4より抜粋
トラック7より抜粋

配信サイト

原案:かしわ
シナリオ:天王州藍&かしわ
キャラクターデザイン:夜咲こん

全編ダミーヘッドマイク使用(※18歳以上推奨作品)